2010年01月20日

石川議員を再聴取=捜査方針近く判断−東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部が13日、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)に対し、2度目の事情聴取を行ったことが、関係者の話で分かった。昨年末の最初の聴取での供述に関して、疑問点などをただしたとみられる。
 一方、小沢氏の週内の事情聴取はめどが立っていない。特捜部は再聴取の結果を受け、通常国会開会前の今週中に石川議員や小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)=公判中=らの刑事処分を決めるか、来週以降も捜査を継続するかを、近く判断する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)
【剛腕の威光】(4)小沢氏側近逮捕 「天の声」期待(産経新聞)
鳩山首相 日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
posted by m86iwmhn at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。